ご案内

日本人の約10%がわきがに悩んでいます。
果たして、この数字は多いのか少ないのかという事ですが、世界的に見るとかなり低い割合になっています。


例えば欧米においては、全体の70%〜90%がわきがだとされています。

比べてみると、日本人のわきが率が大分低いという事が分かります。しかし、そのためにわきが体質の人が社会的に目立ってしまう傾向にあるというのが問題でもあります。

そもそも、わきがは体質による体臭の一つですし、特に臭いが酷い人は普通の対処では一般的な体臭のように簡単に臭いを消すことができません。

ミラドライの情報を多数ご用意したサイトです。

さて、体質が原因と言いましたが、ならば、その体質を変えるという方法で治療をすることが可能です。


実際にわきが治療は色んな方法があり、増えてきています。ここでは、一般的な体質改善のための治療を紹介します。
昔からある一般的な治療法は、脇の下を切開して、わきがの原因となっている汗腺を一つ一つ切断していくという方法になります。

これを行えば元を断つことができるので、臭いに悩まされることもなくなります。


さて、ここで気になるのは治療費でしょう。わきが治療は基本的には保険適用ができない自由診療になります。

そのため、同じ治療法であっても、医療機関ごとに自由に費用設定がされており、金額差があります。基本的な費用相場としては、両脇で15万円〜30万円となるでしょう。

ただ、絶対に保険が使えないと言うわけでもありません。

保険が使えるようになる条件を満たせば、保険を使って治療することができ、その時の費用は約5万円程度にまで抑えることが可能です。
では、保険適用が可能な条件とは何かですが、「保険診療が可能な施設であること」「保険適用が可能な治療方法であること」「臭いの度合いが保険適用と判断されること」です。

一つ目と二つ目の条件に関しては難しいことはありません。問題は三つ目の条件です。
これに関しては、医師が判断しますので、いくつかの医療機関を回って保険診療が可能と判断されるまで頑張りましょう。